トイレに関するよくある質問【回答編】A1

【A1】①水洗トイレの場合
水洗トイレの場合は、本来便器から下水の臭いが逆流する事はないので、通常臭いがそれほど気になる事はありません。
それなのに臭いが気になる場合は、トイレの排水管が詰まっている可能性があります。
トイレの詰まりが発生すると、トイレを出た直ぐ屋外にある排水マスや会所に汚水が滞留し、そこから臭いが発生している可能性があります。
気になる場合は、一度排水マスのフタを開けて詰まりがないか点検してみて下さい。

②くみ取り便所(簡易水洗便器含む)の場合
くみ取り便所の場合は、便を溜めている便槽と直接繋がっているので、多少の臭いは仕方がない部分ではあります。
通常便槽には「臭突管」と言って、臭いを大気に放出するための煙突の様な物が配管されており、その先端部分に換気のファンが付いています。

その換気ファンが正常通り運転している場合は、多少なりとも便槽内の臭いを吸い取ってくれるのですが、その換気ファンが壊れていると臭いを吸い取ってくれなくなります。
最近急にトイレの臭いが気になる場合は、その換気ファンが正常に作動しているか確認して下さい。
確認の方法は、換気ファンが回っている様子を目視で確認するか、目視で確認できない場合、実際に便槽のフタを開けてファンからの吸い込みの風が来ているかチェックしてみて下さい。
ファンが止まっている場合は簡単に交換する事が出来るので、直ぐにお近くの業者さんにご依頼下さい。

また、簡易水洗便器の場合は、基本的にくみ取り便器と同じ仕組みなのですが、唯一くみ取り便器と違う所は、便器の便排出部分に俗にいう「フラッパー弁」という「パカッパカッ」と動くフタが付いています。

この弁がきちんと閉まっており、水密性を確保できている間は便槽からの臭いを多少ブロックできるのですが、この部分を調整しているワイヤーやパッキンが摩耗して水密性が保持できなくなると、便槽内の臭いがもろにトイレ内に上がってきてしまうので、換気ファンも含め、そのフラッパー弁の状態もチェックしてみて下さい。

PAGE TOP