キッチンに関するよくある質問【回答編】A4

【A4】卓上の食器洗い乾燥機を使用する為には、食器洗い乾燥機に給水(給湯)管を接続する必要がありますが、その給水(給湯)管をどの様にして分岐配管するかがポイントになります。
システムキッチンをご使用の場合、既設の水栓を食器洗い乾燥機への給水(給湯)分岐口が付いている水栓に取り替えてやるのが、一番手っ取り早くスムーズで綺麗に仕上がります。
この方法で施工すると特に難しい工事をする必要がなく、単に水栓を交換するだけの工事になるので、基本「水栓の商品代+取付工事費(7,000円)+消費税」で施工が可能です。

もし、システムキッチンで水栓を交換したくない場合は、天板に穴を開けて、そこに専用の給水コック(給水栓)を取付、シンク下の給水(給湯)管から配管を分岐し、その給水コックに接続し、その給水コックから食器洗い乾燥機に給水ホースで接続するといった作業が必要です。
この方法で施工すると、一見新しい水栓を購入する必要がなくなり、工事費が安く済むと思いがちですが、カウンターに穴を開ける作業があったり、シンク下で配管を分岐したり、専用の給水コックを取り付けたり等、作業手間が一気に増えるので、こちらの方が得とは言えません。

最後にシステムキッチンではなく通常の流し台をお使いの方の場合は、水栓が壁に取り付いているので、その水栓を一旦取り外して、専用の分岐金具を取り付け、そこから食器洗い乾燥機に給水(給湯)分岐させる方法になります。

※いずれの方法にしても工事に要する作業時間は、1時間位~半日程度で大丈夫だと思います。

PAGE TOP