お風呂に関するよくある質問【回答編】A4

【A4】お風呂に換気扇を新設する場合は、浴室の外壁に穴を開けて、そこに換気扇を取付、換気扇用の電源を近くの電源から分岐し、スイッチを浴室照明のスイッチ近くに新設します。
現場の条件次第ですが、一部が露出配線になる場合が多いです。
工事日数は1日で十分だと思いますが、費用に関しては現場状況により異なりますので、一概に申せません。

浴室暖房乾燥機を新設する場合は、まず熱源をガスにするか、電気にするか選択する必要があります。
ガスを熱源にする場合は、浴室暖房乾燥機に熱を供給する為のガス熱源機が別個に必要になります。

電気を熱源にする場合は、本体の能力によって100Vタイプと200Vタイプがあります。
いずれにしても消費電気容量が多いので、分電盤から専用配線で直接本体に電気を供給する必要があります。
作業内容は、電源の工事以外換気扇の新設とほぼ同じで、外壁に穴を開けて本体を取り付け、スイッチの配線をします。
工事日数も1日で何とか大丈夫だと思いますが、本体を除く工事費用は換気扇の取付よりも割高になります。

浴室がユニットバスの場合は、既設の天井換気扇を取り外して、そこに浴室暖房乾燥機を取り付ける事ができます。 

PAGE TOP