工事ブログCase2.和歌山市O様邸トイレ排水詰まり修理

ラバーカップで詰まりを解消

OBのお客様から1階のトイレが詰まったと連絡があり、早速現場に駆け付けました。

先ずは、配管で詰まっているのか、便器で詰まっているのか確認する為に、屋外の排水管のチェックを行いました。

建物の裏側の敷地にし尿浄化槽が設置されており、浄化槽付近に汚水マスが2ヶ所設置されていたので、蓋を開けて詰まりが無いか確認しました。

2階のトイレは正常に流れており、2ヶ所の汚水マスでの詰まりも確認できなかったので、便器での詰まりを疑い「ラバーカップ」での詰まり解消を試みました。

ラバーカップで詰まりを解消

 

それからしばらくその作業を続けましたが、どうも手ごたえが悪く、詰まりが解消されそうになかったので、もう一度裏庭に行って、今度は汚水マスから上流に向けて配管内に水道ホースを突っ込み、通水してみました。

すると、水道ホースが上流部の何かに引っ掛かる手ごたえがあり、上流から汚物が少し流れてきたので、どうやら汚水マスのさらに上流の配管で詰まりが発生している事が予測できました。

トイレからその汚水マスまで少し距離があり、方角的にももう一度何処かで90度に配管が曲がっている様だったので、上流部にもう1ヶ所汚水マスが設置されていないか丹念に調べた所、遂にもう1ヶ所汚水マスを発見しました。

その汚水マスは植木や雑草、庭土で覆われ隠れていたので、発見が遅れました。

早速、汚水マスの蓋を開けた所・・・

汚水マスの中に植木の根が大量に入り込んでおり、その根に汚物が絡まって完全な詰まりが発生していました。

その写真がこれです。

汚水マス 詰まっている汚水マス

 

ちなみに、正常であれば、下記の写真の様な状態です。(清掃後の写真を撮るのを忘れたので、画像は借り物です。)

汚水マス90L

☆今回のケースでは、簡単に根を取り除いて軽微な修繕で済みましたが、長年気付かずに放置しておくと、パイプ内に侵入した根を取り除けず配管のやり替え等の工事が必要になる場合もあります。

皆さんもご自宅の排水管(汚水マスや会所)は、定期的に清掃する様に心がけて下さい。

特に今回の様に庭木をたくさん植えているご家庭は特に点検が必要です。

 

 

関連記事

  1. 和歌山市N様邸浴室排水漏水改修工事着工前
  2. 和歌山市N様邸浴室排水漏水改修工事
  3. 天井点検口取付
  4. 浴室サーモ式シャワー水栓取替え後
  5. 吹き抜けの階段シロアリ発見
  6. シロアリ駆除工事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。