MENU

リフォームの適正価格について

リフォームの適正価格

皆様、こんにちは。

今回は「リフォームの適正価格」についてお話したいと思います。

皆さんが、もしリフォームを依頼するとして、やはり一番気になるのが工事価格だと思います。

相見積もりで何社から見積もりをとっても工事金額がバラバラで、結局どれが適正価格か分からないと思います。

適正価格が分かれば、こんなに悩むことは無いのに・・・?

同じ様な経験をされた方は沢山いらっしゃると思います。

ですが、残念ながら

「リフォームに適正価格は存在しません。」

どうしてでしょうか?その理由を考えてみましょう。


先ずは、リフォームの工事価格を考える前に、飲食店を想像してみて下さい。

例えば「オムライス」

あなたは、オムライスの適正価格をご存知ですか?

500円程度の値段で提供してくれるお店もあれば、1,000円近く、またはそれ以上値段のするお店もあると思います。

何が違うのでしょうか?

恐らく使用している原材料の価格の違いもあると思いますが、それだけではないですよね?

例えば

①シェフの技術(報酬)の違い

②調理設備やお店の広さ、従業員の数等の規模の違い

③お客様が実際使用する椅子やテーブル等のグレード(快適性)の違い

④立地条件

⑤お客様へのサービスの違い

ぱっと考えても、これだけの事が思い当たります。

そして、これらの違いが「オムライス」の価格の違いになって表れます。


リフォームも同じです。

①工事する職人の技術(報酬)の違い

②保有している資格・建機・重機・工具・設備等の違い、従業員の数等、会社規模の違い

③お客様へのサービスの違い

④事故等に備える安全管理対策の違い等

これらの違いが、リフォームの価格の違いに表れます。

ですので、相見積もりした際にそれぞれ見積り金額が異なるのは「当たり前」なのです。


では、どうして人は「オムライス」の適正価格は気にしないのに、「リフォーム」の適正価格は気になるのでしょうか?





まあ、理由は色々あると思いますが、ひとえに「リフォーム」の単価と、「オムライス」の単価が大きく異なるという点が一番大きな理由だとは思いますが、「リフォーム」と「オムライス」の決定的な違いは、価格を想像できるか出来ないかの違いだと思います。





飲食の場合は、お客様がそのお店に行ってサービスを提供してもらうので、お店の外観や雰囲気を見れば、ある程度「どの様なサービスを受けられて、どの程度の値段がするか」を想像する事ができます。

また、お客様ご自身も「オムライス」にどれだけの材料が必要で、どれだけの手間がかかるかを容易に想像できます。





ですが「リフォーム」の場合は、工事業者がお客様のお宅にお邪魔してサービスを提供するものですので、お店の外観や雰囲気は全く関係なく、また「リフォーム」にどれだけの材料が必要で、どれだけの手間がかかるかを全く想像できません。





つまり、

「想像できない」→「不安」→「適正価格が気になる」

という流れになるのだと思います。





そして、近年ではそれらのお客様心理を汲み取って、大手メーカーのホームページや、リフォームサイト等で工事価格を公表しているサイトが増えてきています。(弊社ホームページでも、一部参考工事価格を提示しています。)





ですので、もうこれで安心。

と思いきや、実はこれがまた逆効果となっています。


なぜなら

「想像できない」→「不安」→「適正価格が気になる」

「適正価格に近いものを発見」→「適正価格だと思い込んでしまう」





まあ、人間の心理とはこんなもので、

想像できなくて不安だから適正価格が気になり、不安だから適正価格に近いものを見つけると、それが適正価格だと簡単に思い込んでしまう。

これが負の連鎖ですね。





この負の連鎖の影響で、「適正価格」だと信じている価格と、実際の見積書を比べて、多くのお客様が「この業者は高い」「この業者は安い」と、見積金額だけを比較する事に躍起になってしまっています。





もう一度言いますが、





「リフォームに適正価格は存在しません。」





理由は先程ご説明したとおりです。





『金額を比べるのではなく、中身を比べましょう。』





500円のオムライスと、1,000円のオムライス

食べ物の場合は、食べ比べができますが、リフォームの場合はそれが出来ません。

ですので、最終的にはどの業者にお願いすると、一番良い結果が得られるかを想像するしかないのです。

想像する為には、見積書の内容によくよく目を配り、工事内容について詳細に把握し、担当者の人となりや、その会社についての情報を多数仕入れ、総合的に判断するしかありません。





勿論、500円のオムライスが1,000円のオムライスに劣っている訳ではなく、500円のオムライスを希望する方は、きちんと500円のオムライスを選択し、1,000円のオムライスを希望する方は、きちんと1,000円のオムライスを選択できるのが理想です。

折角1,000円のオムライスを頼んだのに、味も美味しくないし、中身の具材は何も入っていない・・・そんな事にならない様に気を付けて下さいね!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次