ロータンク式便器のトラブルQ&A(回答編)1-1

【A1】水が便器内へチョロチョロ流れていて止まらない原因は、主に2パターンのケースが考えられます。(例外もあります。)
先ず、1つ目の原因として考えられるのは、ロータンク内に溜まっている水の〝栓”の役割をしている「フロートバルブ」(前頁上図参照)が経年劣化し、タンク内の水を完全に止めておく事ができず、タンク内の水が便器内にチョロチョロ漏れ出すケースです。

2つ目の原因として考えられるのは、タンク内の水位を制御している「ボールタップ」(前頁上図参照)が故障し、タンク内の水位が規定水位よりも上回るため、オーバーフロー管を通って余分な水が便器内にチョロチョロ排出されるケースです。

どちらか一方のみ故障している場合は、タンク内の水位で判断できますが、両方に不具合がある場合は、どちらか一方を交換してから様子を見ないと判断ができないので、この機会にいっそう両方を交換するのがベストな選択肢だと思います。
両方を交換した場合の工事費ですが、弊社の場合、部材+工事費=12,000円~15,000円(税込み)位必要です。

※フロートバルブやボールタップは、現在設置されている便器のメーカーや型番によって適合商品が異なりますので注意が必要です。
また、チョロチョロ漏れている状態で放置しますと、水道代金がどんどん高くなりますので、発見次第、直ぐに修理の手配をする様にして下さい。

PAGE TOP