本文へスキップ

水漏れ修理、リフォーム、キッチンリフォーム・トイレリフォーム・浴室(お風呂)リフォーム、住宅設備機器の取替え等のご相談は株式会社近畿住設へお気軽にご相談下さい!!

TEL. 073-471-6685

〒641-0002 和歌山市新中島120-34

トイレのトラブル解決集CONCEPT

☆トイレ(便器)の水漏れやトラブルについての疑問にお答えします!!

タンク式便器の仕組みについて

・先ずは下の図を見てください。タンク式便器のタンクの仕組みはとても簡単です。
ロータンク内部構造

@先ず、給水管と繋がっている止水栓から水がタンク内にどんどん送られます。
A水がどんどん溜まっていくと、タンク内にある「ボールタップ」と呼ばれる装置の先端部分に付いている浮玉が水位に応じて徐々に上に上がっていき、それに応じてボールタップの開閉弁が徐々に閉じられていきます。
B既定の水位まで水が溜まり浮き玉が上に上がりきると、ボールタップの開閉弁が完全に閉じられタンク内への給水がストップします。
Cそしてトイレを使用後、洗浄するためにレバーを操作すると、レバーハンドルに取り付いている鎖が上に引っ張られて、ロータンクの“栓”の役目をしている「フロートバルブ」も同時に上に持ち上げられ、タンク内の水が便器に一気に流れ込み、便器を洗浄します。
Dその後、また@から動作が繰り返されます。



タンク式便器のトラブルQ&A

Q1水が便器へチョロチョロ流れていて止まらない?
水が便器へチョロチョロ流れていて止まらない原因は、ほぼ2パターンのケースが考えられます。
先ず、1つ目の原因として考えられるのは、上記図のロータンクの“栓”の役目をしている「フロートバルブ」が経年劣化して、タンク内の水をきっちり止める事ができなくなり、フロートバルブの隙間から少しずつ水が漏れている場合です。

2つ目は、タンク内の水が既定の水位よりオーバーして、上記図の「オーバーフロー管」よりタンク内の水が便器に流れ込んでいる場合です。
既定の水位より水がオーバーする原因は、ボールタップの開閉弁が経年劣化によりきちんと閉まりきらずに、永遠と水をタンクに送り続けている事や、もしくはボールタップの開閉弁の部分にゴミか何かが引っかかって弁が閉じきれない状態になっている事が考えられます。

いずれにしても、フロートバルブの交換(材料・工事費込み6,000円程度)、もしくはボールタップの交換等(材料・工事費込み10,000円程度)で修理可能です。
※フロートバルブやボールタップにしても、既存の便器のメーカーや品番等によって適合品が異なりますので注意が必要です。また、この状態で修理せずにほうっておくと、蛇口を開けっ放しにしているのと同じ状態になり、水道料金がどんどん高くなりますので、発見した場合は直ぐに修理依頼する様にして下さい。

Q2タンクのレバーを操作して便器を洗浄すると、水が止まらない?
便器を洗浄して水が止まらない原因はほぼ2つ考えられます。
1つ目は、通常レバーハンドルは操作後元の位置に戻りますが、経年劣化で元の位置に戻りにくくなる事があります。レバーハンドルが元に位置に戻っていないと、当然「フロートバルブ」が開いた状態のままなので、タンク内に送られた水が絶えず便器に流れてくる事になります。レバーハンドルが元の位置にきちんと戻っているか確認して下さい。

また経年劣化ではなく、何らかの原因でレバーハンドルに付いている鎖がタンク内の部品に引っかかりレバーハンドルが元の位置に戻らなくなるケースもあります。
レバーハンドルの交換は(材料・工事費込み6,000円程度)で可能です。

2つ目の原因は、レバー操作をして便器の洗浄が始まると、ボールタップの浮玉が下に下がりタンク内に給水が開始されますが、通常水位の上昇と共に浮玉が上に上がりタンク内の給水がストップされるのですが、何らかの原因で浮玉がタンク内の部品等に引っかかり、上に上がらなくなるケースがあります。

当然、浮玉が上に上がりきらないと永遠とタンク内に水が給水されるので、タンク内の水位が既定以上の水位となり、溢れた分がオーバーフロー管より便器に流れてくることになります。
修理の方法としては、浮玉が引っかかる原因を究明し対処することになりますが、一番簡単に済む場合は、浮玉の角度を少し調節する事によって改善される場合もありますし、浮玉が引っかかる原因がタンク内の防露材の膨れ等が原因の場合、便器を交換する必要が出てくる場合もあります。

Q3止水栓やタンクに給水している管の接続部分から水が漏れている?
止水栓やタンクへの給水管接続部分から水が漏れている場合は、部位にもよりますが、ほとんどパッキンの交換程度の修理で直ります。
修理費用(材料・工事費込み4,000円〜6,000円程度)

Q4便器とタンクがつながっている管(連結管)から水が漏れている?
便器とタンクが一本の管で繋がっているタイプの便器で、その繋がっている管から水が漏れる場合は、パッキンの交換、もしくは連結管の交換が必要です。
便器の機種によって、連結管の太さが32mmのタイプと38mmのタイプがあり、連結管のどの部位で水が漏れているかによってパッキンの種類も違います。また、連結管が腐食して穴が空いてしまっている場合は連結管の交換が必要となります。
パッキン交換の場合、修理費用(材料・工事費込み6,000円程度)
連結管交換の場合、修理費用(材料・工事費込み7,000円〜12,000円程度)


便器のその他のトラブルQ&A

Q1便器が詰まってしまった?
便器が詰まってしまった場合は、『ラバーカップ』と呼ばれる物を利用して詰まりを解消します。『ラバーカップ(下図参照)』を用いた修理方法は、割と誰にでも簡単にできるので、ご家庭のトイレに1つ常備しておくと緊急の時は非常に重宝すると思います。

使い方は、先ず大きな透明のビニール袋を用意し、ビニール袋の真ん中に小さな穴を開けて、ラバーカップをその穴から通し、ごみ袋を便器にすっぽりと被せます。(テープ等で固定する)そして、便器の水が溜まっている所をめがけて、ラバーカップをゆっくり押し込み、次にそれを一気に手前に引っ張ります。それを何度か繰り返せば、軽微な詰まりは解消します。
ラバーカップでも詰まりが解消しない場合は、便器を一旦取り外して作業を行う等の必要があり、修理費用もまちまちです。
ラバーカップ        ラバーカップ使用説明図

Q2洋式便器(腰掛便器)の床設置部分が濡れている(湿っている)?
洋式便器の床設置部分が濡れている原因でよく見かけるのは、男の子のおしっこのおこぼしです。小さな男の子のお子様がお家に居る場合は、一度注意して観察してみて下さい。また、その次によく見かけるのが便器の結露です。便器が結露してそのしずくが床に落ちて床が湿っているケースがあります。

上記以外の原因で床が濡れていたり湿っている場合は、トイレの排水が漏れている事が考えられます。便器と排水管の接続部分(フランジ)のパッキン(ガスケット)が経年劣化で痛んでいたり、フランジと便器の接続ボルトが緩んでいる等原因が考えられます。
フランジのパッキン取替え修理費用(材料費・工事費込み15,000円位〜20,000円位)

Q3ウォシュレットから水が漏れている?
貯湯式のウォシュレット本体から水がポタポタ漏れている場合は、ウォシュレット本体に原因がありますので、メーカーによる修理が必要になります。但し、かなり年数が経っている商品は、修理部材そのものが製造中止になっているケースもあるので、その場合ウォシュレット本体の交換が必要となります。

また、下記に記載しているウォシュレットに関するトラブルもメーカー修理が必要です。
・ボタンを押してもおしり洗浄機能等が作動しない
・ウォシュレットの便座が温くならないetc

Q4フラッシュバルブ式便器の便器に流れ込む水が止まらない?
フラッシュバルブ式便器(下記写真参考)の水が止まらない場合は、フラッシュバルブの中にある「ピストンバルブ」という部品を交換します。
修理費用(材料費・工事費込み10,000円〜15,000円位)
フラッシュバルブ式便器フラッシュバルブ式便器


■その他、便器についてのトラブルは下記のページでもご紹介しています。ご参照下さい。
水まわりに関するよくある質問集