◎ロータンク式便器の仕組みの例(TOTO製 従来【旧型】タイプ)

・先ずは下の図を見てください。ロータンク式便器のタンク内構造の一例です。
ロータンク内部構造

ロータンク式便器のタンク内の構造について簡単にご説明します。
先ず、タンク内に水が無い場合、止水栓を通じて「ボールタップ」部から水がタンク内に給水されます。
給水の量を制御しているのは、上図の「ボールタップ」部で、ボールタップの先端に付いている浮玉の位置で給水量を制御しています。
水がタンク内に溜まり始めて浮玉の位置が徐々に上がってくると、給水する量がだんだん少なくなり、所定の位置まで浮玉が上がりきると給水をストップさせます。

そして、その状態でトイレを使用し洗浄レバーを操作すると、洗浄レバーと鎖で繋がっている「フロートバルブ」部が鎖に引っ張られ、タンク内の水が一気に便器内に流れ、便器を洗浄します。
すると、タンク内の水が無くなるので、またボールタップの浮玉が下がり給水を開始します。この繰り返しです。

最後に、上図の「オーバーフロー管」の役割ですが、これは万が一、ボールタップが故障して給水が止まらなくなった場合、タンクから外に水が溢れるのを防ぐ為の配管で、規定より水位が高くなった場合、オーバーフロー管から便器内に余剰水を排水する仕組みになっています。

以上がタンク内の構造の仕組みです。

◎ロータンク式便器のトラブルQ&A

※見たい項目をクリックして下さい。

◎その他及び、便器共通のトラブルQ&A

※見たい項目をクリックして下さい。

■その他、便器についてのトラブルは下記のページでもご紹介しています。ご参照下さい。
水まわりに関するよくある質問集

PAGE TOP