MENU

トイレのトラブル解決集

◎ロータンク式便器の仕組みの例(旧TOTO製タイプ)

・先ずは下の図を見て下さい。ロータンク式便器のタンク内構造の一例です。

ロータンク内部構造図

ロータンク式便器のタンク内の仕組みについて簡単にご説明します。

STEP
水がタンクに給水されます

タンクが空になると「ボールタップ」部の浮玉が下に下がり、止水栓を通じて「ボールタップ」部の吐水口や、タンク上部の手洗い水栓部から水がタンク内に給水されます。

STEP
ボールタップの浮玉が徐々に上に上昇します

タンクに水がどんどん溜まり、水位の上昇と共にボールタップ部の浮玉も上に上昇して、タンク内への給水量が徐々に少なくなります。

STEP
ボールタップの浮玉が所定の高さに達します

タンク内の水が所定の水位に達すると、ボールタップの浮玉も所定の高さになりタンク内の給水が自動でストップされます。

STEP
フロートバルブが開きます

トイレ使用後、洗浄レバーを操作すると、レバーの先端と「フロートバルブ」を繋いでいる鎖が上に引っ張られ、「フロートバルブ」が上に持ち上がる事でタンク内の水が一気に便器に流れ落ちます。

STEP
STEP1に戻る

洗浄レバーを操作した後はSTEP1に戻り、それが繰り返されます。

困った女性

ねぇねぇ、じゃあ万が一「ボールタップ」が故障して、タンクへの給水が止まらなくなったらどうなるの?溢れちゃうの?

大丈夫ですよ!!タンク内にオーバーフロー管という筒状の部材があって、水位が一定量を超えるとその管から便器へ水が排水される仕組みになっています。便器内の水が増えた分は、勝手に排水管を通じて屋外に排水されます。

■ロータンク式便器のトラブルQ&A

TOTO製新型(現行品)タイプの便器の見分け方は、ロータンクの蓋を開けて中を覗くと、陶器製のタンクの中に樹脂製のタンクが設置されています。(タンクが二重になっています。)

■その他の形状の便器及び便器共通トラブルQ&A

◆その他、便器についてのトラブルは下記ページでもご紹介していますので、ご参照下さい。