MENU

「悪臭さようなら」和歌山市S様邸簡易水洗トイレリフォーム

トイレリフォーム施工事例Case3. 2022年5月

■Before

トイレリフォーム前の写真です。

■After

便器を設置して工事完了です。

■Working Video

※再生すると音楽が流れるのでご注意ください。

■工事概要

中古住宅を購入されたお客様から「とにかくトイレが臭いので、何とかして欲しい。」と、ご依頼いただき、早速、お伺いしました。

悪臭の原因は、汲み取り式のトイレである事が第一の理由ですが、既設便器のフラッパー弁(汚物を落とす口)が経年劣化で開きっぱなしになっており、更に小便器が設置されていたので、便槽の臭いがダイレクトにトイレ内に充満していました。

また、狭いスペースに小便器を設置した為、腰掛便器の向きが横向きに設置されており、非常に使いにくい状況でした。

今回のリフォームでは、小便器は撤去し、臭いを無くすのは勿論腰掛便器の向きを変更し、使いやすくして欲しいとご要望されていたので、その様にさせていただきました。

壁のタイルも撤去して欲しいと要望されたので、壁のタイルは撤去して、全面壁紙を張り、床はクッションフロアで仕上げました。

設置後は臭いが無くなったと大変喜んでいただけました。

Data.

現場名和歌山市S様邸
工事名簡易水洗トイレリフォーム
建物種別一戸建て住宅
築後年数築35年
工期4日間
工事金額約40万円
主に使用した器具・ LIXIL簡易水洗便器トイレーナR手洗付き:TW-3B
・LIXIL暖房便座:CF-18ASJ
(アクセサリー類はお施主様支給)
備考 
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA