MENU

お客様は神様です!?見積り無料、相見積もりは当たり前?

神様

皆様、こんにちは。

こんな内容をブログにすると批判も集まるかも知れませんが、少し勇気を出して書きたいと思います。

近年、相見積もりは当たり前になっておりますが、残念ながら一部のお客様の中には、見積書を受け取ったにもかかわらず何のお返事もいただけないお客様がいらっしゃいます。

最悪な方の場合、弊社から状況伺いのお電話を何度させていただいても、お出にならない方もいらっしゃいます。

「見積り無料は当たり前?」

「相見積もりは当たり前?」

確かに、見積もりをさせていただかない限り、お仕事を頂戴いただけることは無いので、お見積りをサービスとして無料で提供するのは「当たり前」という考え方を否定は致しませんが、実際はお客様のご都合に合わせ、現場に赴き、採寸し、必要であれば図面を作成したりプラン図を作成したり等、そこには人件費も経費もかかっております。

「商売=金儲け」

と言ってしまえばそれまでですが、弊社を問わず建築に携わっている方々の多くは、

「お客様のお役に立ちたい」

「お客様を笑顔にしたい」

「少しでも快適な生活を送れるようにしてあげたい」

等の想いを抱えて仕事をされている方が殆どです。

私達の仕事は「商品を売る仕事」ではありません。

「サービスをご提供する仕事です。」

建築工事の中でも特にリフォームの場合は、現場の状況だけでも千差万別で、また、お客様が抱えているお悩みや、家族構成、生活スタイル、経済力等、個々に異なります。

私達はそれぞれのお客様に応じて、最適なプランをご提案したり、アドバイスしたり、お客様に寄り添ったプランを作成し、見積書をご提出しております。

私達、建築に携わっている者は、

常にお客様の心に寄り添って

仕事をしております。

ですので、せめて見積書に対する返答位は、マナーとしてあっても良いのではないでしょうか?

「お客様は神様です。」

誰もが知っている有名なフレーズですが、本当の意味をご存知でしょうか?

「お客様を神様の様に扱え」

等の様な意味に勘違いされている方も多いのではないでしょうか?

本来の意味は、歌手の三波春夫さんがお客様を神様に見立て、神様の前で芸を披露しているつもりで演じなさいという自分への戒めや、お客様への最大のおもてなしの精神から放たれた言葉です。

決して買う側と売る側の上下関係を表す言葉ではありません。

私は買う側も売る側も、本来は対等な立場で良いと思っています。

なぜなら、売る側の人が居るから、買う側の私達は常に快適な生活が出来るからです。

例えば、コンビニという商売をする人が居るから、私たちは身近で何でも手に入れる事ができますし、ガソリンスタンドという商売をする人が居るから、車を安心して乗れます。

飲食店という商売をする人が居るから、私たちは色んな美味しい食事を食べて欲求を満たせますし、

建設業という商売をする人が居るから、私たちは雨や台風、地震でも安心して安らげる住まいを得る事ができます。

社会とはそうやって皆で支え合っているものだと思います。

話が少しそれましたが、

私達が常にお客様に対して愛情を持っている様に、

お客様の方でも私達に少しでも愛情をいただけたら嬉しいです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次