MENU

水まわりリフォーム相談室第86回目「お風呂の壁はそのままでユニットバスにするって大丈夫でしょうか?」

こんにちは、『水まわりリフォーム相談室』第86回目です。

皆さんも是非、参考にして下さい!!

タイトル「お風呂の壁はそのままでユニットバスにするって大丈夫でしょうか?」

相談者は長崎県南島原市の一戸建て住宅にお住まいの方です。

◆ご質問内容

リフォーム会社に見積もりをお願いした際、お風呂場は、「今の風呂場の壁は残したまま、ユニットバスで壁や浴槽を取り付けます」というようなことを話されていました。

私はてっきり、古くカビたお風呂場の壁は取り壊して綺麗になるのかなと思っていたのでびっくりしました。

実際に残したままとなると、新しいお風呂場の外にはカビだらけの壁がずっと残ってしまう状態なのでしょうか。そして、そうなった場合、あとで新しいお風呂場さえもそのカビの影響を受けて劣化が早くなるといったことはないのでしょうか。

――――――――――以下回答――――――――――

◆回答

タイル張りのお風呂からユニットバスへのリフォームの場合、新規ユニットバスを設置するにあたり、壁のタイル等を撤去しなければ入らない場合以外は、基本そのままの状態で設置する工法が一般的だと思います。

ユニットバス自体は水密性や気密性が保たれるので、ユニットバスの外側にカビだらけの壁があったとしても影響を受けることは考えにくいと思います。

もし気にされるのであれば、工事着工前にできるだけ既存の壁を綺麗に掃除しておけば良いと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる