MENU

水まわりリフォーム相談室第81回目「トイレのニオイがこもらないようにしたい」

こんにちは、『水まわりリフォーム相談室』第81回目です。

皆さんも是非、参考にして下さい!!

タイトル「トイレのニオイがこもらないようにしたい」

相談者は神奈川県川崎市宮前区の一戸建て住宅にお住まいの方です。

◆ご質問内容

我が家は、築20年余の一戸建て住宅なのですが、未だにリフォームを行ったことがありません。

長年気になっているのが、トイレなのです。

どうしても嫌なニオイがこもってしまい、お客さんが来た時には消臭スプレーや芳香剤で緩和させています。

窓はついていますが、換気扇はありません。便器は新築時からの機能性では低いタイプなのですが、壁紙、便器、床、換気扇、どこを真っ先に工事するのがいいのでしょうか。
それとも、壁紙、便器、床を変える必要がありますでしょうか?

――――――――――以下回答――――――――――

◆回答

どうするのが一番正解か?

というのはありませんが、当然20年もご使用いただいている訳なので、壁紙や床材、便器等にもニオイの元が付着している可能性は十分考えられます。

ニオイの元を絶つ=トイレをリフォームする。

ニオイを誤魔化す(換気を良くする)=換気扇の取付 

という考え方になると思います。

内装(床材や壁紙)のみの工事はおすすめできません。

工事の際に便器を一旦取り外す必要がありますので、内装をリフォームする際は、便器も丸ごとリフォームして下さい。

換気扇を取付ける工事をするのであれば、その他の兼ね合いが無いので、換気扇のみ取付けるという工事を単独で行っても良いと思います。

あとは予算と実情に応じてご検討下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

コメントは日本語で入力してください。(スパム対策)

CAPTCHA

目次
閉じる